労働組合-共済組合-健康保険組合向けイベント

サービス概要

健康保険組合の健康づくり施策や労働組合の健康イベント

 

医療費削減や被保険者の健康推進の為の健康セミナーや運動教室

組合員のコミュニケーション機会やレクリエーション活動にご利用ください

 

特徴

ウェルネスドアが選ばれる3つの理由

 

 

①集合研修&オンライン&動画配信

3つのケースに対応

 

 

 

 

②多様な専門家講師が対応

管理栄養士/看護師/保健師

健康運動指導士/パーソナルトレーナー
フィットネスインストラクター

理学療法士 等 

 

 

 

③ヒアリングから講師キャスティング

企画制作まで全てオーダーメイドで

対応

 

 


オンライン

在宅勤務者対応・集合研修を回避で準備時間や開催費用のコストを削減

  • Microsoft Teams
  • ZOOM
  • その他:貴社導入のWEB会議システムから配信対応可能

 

導入実績

業界を問わず多くの企業様にご利用頂いております

  • 株式会社クボタ
  • 札幌ヤクルト販売株式会社
  • 株式会社QVCジャパン
  • ニッタ株式会社
  • ニッタ・デュポン株式会社
  • 東京不動産管理株式会社
  • 京王観光株式会社
  • 株式会社アグレックス
  • 株式会社ライフフィット
  • 東レ基礎研究所(労働組合)
  • AGC株式会社健康保険組合
  • 警察共済組合

 

他社にない豊富なプログラムを実現

多様な専門家が在籍する当社だからこそ実現

 

◆健康セミナー

  1. 生活習慣病予防の為の知識と日々の実践
  2. 免疫力を高める食事と栄養
  3. 体験型食事セミナー
  4. 腸内環境と健康(食事と栄養)
  5. 女性の健康セミナー
  6. 職場の高齢化対策
  7. ビジネスマンの為の栄養学
  8. メタボリックシンドローム対策(ダイエット)
  9. 健康診断結果解説(血液検査結果の解説...etc)
  10. 疲労回復と体調管理の為の睡眠セミナー
  11. 学習能力を高める脳活性食事術
  12. 休息・疲労回復力UPセミナー
  13. お酒と健康セミナー
  14. カラダの「糖化と酸化」を予防アンチエイジング
  15. 心臓・脳の循環器系疾患のリスクを減らす食事

◆運動教室

  1. テレワーク(在宅勤務)の運動不足解消:企業法人向けオンラインフィットネスレッスン
  2. 腰痛/肩こり改善体操教室
  3. 背骨の痛み予防改善(首、背中、腰の痛み)
  4. デスクワーカーの為のストレッチ教室
  5. 休憩や自宅でできるお手軽トレーニング
  6. オフィスヨガ
  7. ヨガ(出張ヨガ教室)
  8. 体操教室
  9. ピラティス
  10. 体幹トレーニング
  11. 寝たきり予防の筋トレ(ロコモティブシンドローム)
  12. スポーツ教室(ウォーキング・ランニング...etc)
  13. 親と子の健康増進&コミュニケーションUP

 

料金形態

 

A)運動教室

時間:30~90分

50,000円~

B)健康セミナー

時間:60~120分

120,000円~

A+B

時間:90~120分

170,000円~

Top Priority

時間:カスタム

300,000円~


 

※Top Priorityは企画制作/講師キャスティングを最優先対応・最高品質でご用意します。大規模イベントならびに企画+講師共に高いクオリティの健康セミナーを開催をお求めの方はコチラをお選びください。

※ご予算開催頻度に合わせてシリーズ複数回開催・年間契約もお申込みいただけます。

※開催時間に関してはカスタマイズで対応いたしますのでお申し付けください。

※開催規模によってサポートスタッフが必要な場合は別途ご用意いたします。

 

 

お問い合わせ

よくあるご相談例などこちらのページよりご確認頂けます

 NEWS&進行中のプロジェクト

  • Microsoftteamsオンライン健康セミナーにて
    管理栄養士による「免疫力向上の為の食事」開催
  • 福利厚生サービスとして、動画配信型健康セミナーを
    従業員&ご家族向けに製作・配信
  • 60代従業員向け、医療費削減、健康増進啓蒙DVD製作&動画配信

 

サポート内容

  1. 事前ヒアリング-改善案のご提案
  2. 企画制作-計画立案
  3. 社内プロモーションサポート
  4. セミナー用教材作成料

ご注文例

  •  外食やコンビニ食でもバランスの良い食事をする方法
  • 将来寝たきりにならない為の食事管理と重要性
  • 手軽に作れるバランスの良い食事メニュー
  • 職場や自宅で習慣化しやすい運動方法
  • 福利厚生の一環として、体幹トレーニングや腰痛体操(ストレッチ)を開催してほしい
  • 社内の健康増進を目的にダイエットや健康講座を開催
  • 健康意識向上に生活習慣病予防に向けのセミナーを開催
  • 体調管理に必要な栄養などの知識、日々の実践に関して指導してほしい
  • 社内の健康推進・健康経営に向けて具体的な取り組みプランに関してアドバイスがほしい

漠然としたイメージや、ご希望をお伝え頂ければ、こちらから企画プランをご提案します!


 

 

経験豊富な講師をキャスティング

  • 管理栄養士
  • 指導キャリア10年以上!指導件数1万件を超えるパーソナルトレーナー/運動指導者
  • 健康分野の研究員
  • 体育・医学分野の大学講師
  • 内科医
  • フィットネスインストラクター
    (ヨガ・ピラティス・リラックスストレッチ)
  • 健康分野/スポーツ分野の著名人

 

運動・健康指導専門講師の紹介

 

注目記事

健康推進に役立つ情報を発信しております

デスクワークの健康問題
1日の平均歩行数と健康
テレワークと健康課題


関連情報

健康保険組合・労働組合の健康づくりに関して

 

イベントの感想

  • 健康・運動に関するテーマのイベントは、組合員の関心も強く、評判や集客も良い
  • 健康づくりや、福祉政策は、組合員の家族を巻き込んで行う事が出来るのが良いと思う
  • 従業員全体の平均年齢が上がり、体調不良や管理に対する意識向上や方法は、今後非常に重要だ感じた

 

健康保険加入者・組合員の健康づくり支援

コラボヘルスの推進体制例
データヘルス・健康経営を推進するためのコラボヘルス ガイドライン (厚生労働省保険局 )

【コラボヘルス推進体制】

 

  • 健康保険組合
  • 労働組合
  • 共済組合

等の保険保険事業者・労働環境改善向上団体の、健康推進、健康増進イベントや施策に「専門業者」としての蓄積されたノウハウと技術提供を行います。

健康経営に向けて

 

 健康経営に向けて、推進部門・部署を設置し様々な取り組みを多くの企業が導入し始めています。従業員の健康意識の向上や生活習慣病対策などを通じて、社員の健康管理の推進、労働生産性の向上、勤労意欲向上を図る事は、会社と従業員双方にとってWIN-WINな関係作り、に貢献できます。

 

 健康管理を個人の責任問題として捉えるのではなく、健康に働ける環境づくりへの「投資」と捉えた取り組みは、従業員並びに一般社会へのイメージや社会的信用に大きな影響を与える事が出来ます。社会と従業員に「選ばれる」組織づくりをサポートします。

 

運動とストレス・精神健康

 

 人間の、思考、記憶、感情などを司る脳のタンパク質の減少を、運動が抑制する事がわかっています。ストレスや精神健康の侵害による、脳機能の低下。これらが、うつ、気分障害などの原因の一つとも考えられるため、運動習慣の獲得と、運動・健康に対する意識改革が、働き世代の従業員の心身の健康作りや管理に大きく貢献できる予測されます。

 

 結果として、心身ともに健康に従業員が仕事に打ち込む事が、少子高齢化、労働人口減少における一人当たりの生産性の向上による会社へのメリットと言えます。

 

従業員のメンタルヘルス対策と運動/健康意識向上

 

 ストレスチェック制度の施行をはじめ、企業が従業員のヘルスケア/メンタルヘルスケアへの対策強化と、具体的な取り組みが求められる様になった現代に状況に対して、今「運動/栄養とストレス」「運動/栄養とメンタルヘルス」への注目が高まっています。

 

 事実、運動がメンタルヘルス対策に効果的であるとの調査結果は数多く報告されています。適度な運動には、ストレス軽減の効果をはじめ、がんや糖尿病、脳-心血管疾患等の発症予防効果のみならず、抑うつ効果、精神健康にも良好な効果有する事が報告されています。

 

 また、仕事によるストレスを強く感じている人と、そうでない人を比較した場合、ストレスを強く感じている人程身体活動レベルや運動頻度が低下する傾向があるようです。これは、北欧での研究結果なので、仕事によるストレス、長時間労働、休暇取得率、少子高齢化と労働人口減少による一人当たりの業務要求度の上昇などの問題を抱えている日本においては更なる高水準が予測されます。

 

 実際、フィットネスクラブへの参加率も3%強(400万人前後)、1回/週未満の運動実施が過半数を超え、運動しない理由の上位が「時間がない」「疲れている」。これらの事実を踏まえても、働き世代の「運動不足」が深刻で、それらが精神健康を含めた健康問題の原因の一つだと思われます。

 


 

お問い合わせ

よくあるご相談例などこちらのページよりご確認頂けます