健康・体調管理術を学ぶ、新入社員・社内研修向け健康教育

サービス概要

健康・体調管理に必要な食事・栄養・運動など
ヘルスリテラシーの向上と健康習慣獲得への健康教育

特徴

当社が選ばれる3つの理由

 

 

①集合研修&オンライン&動画配信

3つのケースに対応

 

 

 

 

②多様な専門家講師が対応

管理栄養士/看護師/保健師

健康運動指導士/パーソナルトレーナー
フィットネスインストラクター

理学療法士 等 

 

 

 

③ヒアリングから講師キャスティング

企画制作まで全てオーダーメイドで

対応

 

 


オンライン

在宅勤務者対応・集合研修を回避で準備時間や開催費用のコストを削減

  • Microsoft Teams
  • ZOOM
  • その他:貴社導入のWEB会議システムから配信対応可能

導入実績

業界を問わず多くの企業様にご利用頂いております

  • 株式会社クボタ
  • 札幌ヤクルト販売株式会社
  • 株式会社QVCジャパン
  • ニッタ株式会社
  • ニッタ・デュポン株式会社
  • 東京不動産管理株式会社
  • 京王観光株式会社
  • 株式会社アグレックス
  • 苫東石油備蓄株式会社
  • 株式会社ライフフィット
  • 東レ基礎研究所(労働組合)
  • キヤノンファインテックニスカ労働組合
  • AGC株式会社健康保険組合
  • 警察共済組合

導入シチュエーション

  • 社員総会のプログラム
  • 社員研修(管理職・新入社員など)
  • 女性の健康推進
  • 就業後の健康増進
  • 社内の高齢化対策 
  • リクルート対策(健康支援・健康増進の福利厚生)
  • 健康保険組合-労働組合の健康づくり事業
  • 地方自治体の健康推進

多種多様なプログラム

講師紹介

新入社員・社内研修向け健康教育担当講師紹介

 

料金形態

 

A)運動教室

時間:30~90分

50,000円~

B)健康セミナー

時間:60~120分

120,000円~

A+B

時間:90~120分

170,000円~

Top Priority

時間:カスタム

300,000円~


 

※Top Priorityは企画制作/講師キャスティングを最優先対応・最高品質でご用意します。大規模イベントならびに企画+講師共に高いクオリティの健康セミナー/運動教室を開催をお求めの方はコチラをお選びください。

※ご予算開催頻度に合わせてシリーズ複数回開催・年間契約もお申込みいただけます。

※開催時間に関してはカスタマイズで対応いたしますのでお申し付けください。

 

お問い合わせ

よくあるご相談例などこちらのページよりご確認頂けます

注目記事

健康推進に役立つ情報を発信しております

デスクワークの健康問題
1日の平均歩行数と健康
テレワークと健康課題


関連情報

健康教育の重要性について

 

健康な従業員の育成が企業のパフォーマンスの基礎に!

健康な社員の育成は、従業員の健康問題リスクの低下を通じて

  1. 企業のリスクマネジメント
  2. 企業パフォーマンスの向上

に貢献します。

 

健康教育プログラム

  1. 【栄養】

    健康管理(肥満・メタボ・生活習慣病予防)と体調管理(免疫力向上・風邪予防・疲労回復)に必要な栄養学と食事法
    (自炊・飲酒・コンビニ・外食など)を実践的、実用的に学びます。

  2. 【休養】

    社会人にとって最も重要なのが疲労の回復です。翌日に疲労を残さず健康でフレッシュに働ける体は最大の資本です。日々行える休養術(入浴・睡眠)について学びます。

  3. 【運動】

    社会人になる事で減少する運動不足と健康の関係性、忙しい日々でも実践できる運動(ストレッチや軽運動)についてレクチャーをします。

不調の原因は「生活習慣の乱れ」に

 

人が不調に陥るまでには必ず「生活習慣の乱れ」関係します。

  1. 食生活の乱れ(過食・拒食)
  2. 運動不足
  3. 睡眠不足
  4. 疲労の蓄積
  5. ホルモンバランスの乱れ

これらが体調不良の原因となり・・・

  1. 仕事中の集中力の低下
  2. 学習能力・思考力・理解力の低下
  3. 作業効率の低下
  4. イライラし易い

以上の仕事のパフォーマンスの低下を引き起こします。

 


新入社員の健康管理・体調管理

 学生生活を終え、社会人生活への突入する人生の門出のタイミングは、様々な生活環境と生活習慣の変化とストレスの連続です。まだ新生活による変化に慣れておらず、心身の疲労が蓄積しやすく、体調・健康を崩す可能性が高い新入社員の健康管理・体調管理は業務上の教育・研修と共に重要な対策の一つと考えられます。

  • 心身の不調
  • 生活リズム・環境の変化
  • 新入社員の離職率

以上の予防対策には、十分な健康教育の体制と環境整備が必要です。

 

 食生活の乱れ、飲酒機会・量の増加、運動不足による、肥満、高血糖、脂質異常などの生活習慣病リスクの上昇。睡眠不足、疲労の蓄積によるうつ病、うつ症状の発症リスク上昇などは、近年注目される企業の従業員の健康管理と健康経営推進に対する社会的責任を高める切っ掛けとなりました。

 

 従業員の健康を企業の体力づくりと未来づくりの一環の投資と捉える「健康投資」をスタートしましょう。


 

お問い合わせ

よくあるご相談例などこちらのページよりご確認頂けます