企業向け禁煙セミナー講師派遣

 

 健康経営優良法人認定項目に、「受動喫煙対策に関する取り組み」は必須項目となり、喫煙率低下に向けた取り組みも認定要件の項目となっています。禁煙セミナーを通し、喫煙者本人と、受動喫煙者(同僚・家族)

の悪影響を理解し、禁煙に向けた行動変容に必要な動機づけを行います。

 

特徴

ウェルネスドアの健康セミナー選ばれる3つの理由

 

 

①集合研修&オンライン&動画配信

3つのケースに対応

 

 

 

 

②多様な専門家講師が対応

産業医/管理栄養士/看護師/保健師

健康運動指導士/パーソナルトレーナー
フィットネスインストラクター

理学療法士 等 

 

 

 

③ヒアリングから講師キャスティング

企画制作まで全てオーダーメイドで

対応

 

 


オンライン

在宅勤務者対応・集合研修を回避で準備時間や開催費用のコストを削減

  • Microsoft Teams
  • ZOOM
  • その他:貴社導入のWEB会議システムから配信対応可能

 

導入実績

業界を問わず多くの企業様にご利用頂いております

  • 株式会社クボタ
  • 札幌ヤクルト販売株式会社
  • 株式会社QVCジャパン
  • ニッタ株式会社
  • 丸紅プロテックス株式会社
  • 滋賀県市町村職員共済組合
  • 東京ガスiネット株式会社
  • DOWAホールディングス株式会社
  • ニッタ・デュポン株式会社
  • 東京不動産管理株式会社
  • 京王観光株式会社
  • 株式会社アグレックス
  • 苫東石油備蓄株式会社
  • 島根銀行従業員組合
  • パナソニックCNS労働組合
  • パナソニックコーポレートユニオン
  • NTTファイナンス株式会社
  • 株式会社ライフフィット
  • 東レ基礎研究所(労働組合)
  • キヤノンファインテックニスカ労働組合
  • AGC株式会社健康保険組合
  • 警察共済組合

導入シチュエーション

  • 社員総会のプログラム
  • 社員研修(管理職・新入社員など)
  • 女性の健康推進
  • 就業後の健康増進
  • 社内の高齢化対策 
  • リクルート対策(健康支援・健康増進の福利厚生)
  • 健康保険組合-労働組合の健康づくり事業
  • 地方自治体の健康推進


サービス概要

 健康経営優良法人認定項目に、「受動喫煙対策に関する取り組み」は必須項目となり、喫煙率低下に向けた取り組みも認定要件の項目となっています。禁煙セミナーを通し、喫煙者本人と、受動喫煙者(同僚・家族)への悪影響を理解し、禁煙に向けた行動変容に必要な動機づけを行います。

 

主なカリキュラム

  • 肺がんリスクのセルフチェック
  • 喫煙による健康リスク(がん・生活習慣病・薬の効果への影響)
  • タバコの依存性とストレス
  • 喫煙者への社会的イメージ
  • 喫煙による寿命の短縮
  • 肺がんだけではない喫煙による悪影響(COPD・循環器疾患リスク)
  • ニコチン依存症のスクリーニングテスト
  • 禁煙によるメリット
  • 禁煙に向けた「クイットプラン」
  • 喫煙による肺がん罹患者へのインタビュー

お問い合わせ頂きましたお客様毎に、最適なカリキュラム・企画をご提案させて頂きます(リクエスト・カスタマイズ対応)

 


講師について

産業医 / 保健師  等

料金形態

【お見積り対応】

お問い合わせフォームよりご連絡ください。当社担当からヒアリング後(※)、講師キャスティング、企画プランとお見積りを無料でご案内

※:研修時間・開催方法(講師派遣/オンライン/動画配信)その他オプションサービスの有無を確認

 

参考:60分 ¥120,000~

オプションサービス

  • 産業医/保健師により個別カウンセリング
  • 実施オンラインセミナーを録画、後日配信配信(復習・見受講者向けにご活用頂けます)
  • セミナーの内容を要約し、データパンフレットとしてご提供

肺がん発症リスクセルフチェック

(ブリンクマン指数)肺がん発症リスクセルフチェック

 

「1日の喫煙本数」×「喫煙年数」=

▶参考例:20本/1日 × 20年 =400

※1日当たりの平均喫煙本数 男性:21本 女性:14本

 

400以上で肺がん発症リスク危険性が高い。600以上は高度危険群とされる

 

喫煙者の魅力度調査(タバコを吸う異性を魅力的に感じますか?)

男性

はい16.6%  いいえ83.4%

女性

はい15.7 いいえ84.3%



注目記事

健康推進に役立つ情報を発信しております

在宅勤務のメンタルヘルス

デスクワークの健康問題
1日の平均歩行数と健康
テレワークと健康課題