歩行(ウォーキング)と健康

良く歩く人は、歩かない人に比べて死亡リスクが「半減する⁉」

  • 40歳以上(平均年齢56.8歳)
  • 4840人の男女
  • 平均10.1年追跡調査
  • 「8,000歩/日」対「4,000歩/日」の人を比較

8,000歩/日の人の死亡率は、約5割少なかった。

 

※4840人の参加者を対象としたこの観察研究では、1日あたりの歩数の増加は、すべての原因による死亡率の低下と有意に関連していました(8000歩/日対4000歩/日で調整されたハザード比、0.49)-米国調査

歩数/日と死亡率の相関関係

◎1日の平均歩数が少ない程死亡率は上昇傾向にある

◎1万歩以降は死亡率に有意差は確認できない



平均/日 歩行数と男女別死亡率

 歩行数と男女別死亡率

平均/日 歩行数と世代別死亡率

歩行数と世代別死亡率

◎男性は女性に比べて死亡率が高い傾向にある

◎「50代以降」「65歳以降」は死亡率が大きく上昇傾向にある


平均/日 歩行数と心血管疾患死亡率

歩行数と心血管疾患死亡率

平均/日 歩行数とガン死亡率

歩行数とガン死亡率

◎「4,000歩」対「8,000歩」では心血管疾患死亡率が約5割の差がある

「4,000歩」対「8,000歩」ではガン死亡率で約3割の差がある


※https://jamanetwork.com/journals/jama/fullarticle/2763292 jAMA. 2020;323(12):1151-1160.

※本ページは【国立健康・栄養研究所】「リンクDEダイエット(http://www.nutritio.net/linkdediet/)」掲載情報を引用・参考に製作しております。